TOPページ > 基礎知識 > 冬に肌荒れしやすい人の原因と予防方法

乾燥や冷えから肌を守り由布の肌荒れ対策をしよう!

冬の肌荒れの代名詞ともいえる乾燥
他の季節は特に気にならないのに、冬になると肌が乾燥してしまうという人も多いでしょう。

冬になって乾燥肌になる原因は、ずばり、空気の乾燥。冬になると一気に湿度が下がり、空気そのものが乾燥するだけでなく、暖房によってさらに湿度が落ち、空気が乾燥します。このように湿度が下がって乾燥すると、肌の水分が蒸発し、皮脂の分泌量が減少してしまうため、乾燥肌になるのです。

皮脂は多すぎてもニキビや毛穴トラブルの原因になりますが、少なすぎると肌のバリア機能が低下し、紫外線などの外敵から肌を守ることができなくなり、敏感肌になることがあります。敏感肌になると、かゆみや痛み、赤みを帯びてこれまで使っていた化粧品が合わなくなったり、皮膚科に通わなければな行けないなんてことも。他にも、肌表面が乾燥すると、レンガのように綺麗に並んでいた角質細胞がめくれ上がるのでカサつきや粉ふきなどの原因になります。
肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの原因になるので、ただの乾燥だと放置しないでしっかりと保湿化粧品でケアしましょう。ただ、この時期、保湿化粧品だけでは全然乾燥肌が改善されないという方も多いはず。そんなときは空気の乾燥を防ぐためにも加湿器の購入も検討してください。高くて加湿器はチョット難しいという方は、濡れタオルを室内に干したり、暖房の使用を控えるなどの工夫もおすすめです。

肌の乾燥以外にも冬に気になるのは冷え。
気温が下がり、寒くなると体が冷え、冷え性の症状が出ることが多くあります。冷えは血液循環が悪くなり、代謝を低下させる原因です。 代謝が悪くなると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れてしまうことがあります。ホルモンバランスは肌のターンオーバーと深く関わっているため、崩れてしまうとにニキビなどの肌荒れの原因になるので、体を冷やさないように入浴や適度な運動、マッサージなど取り入れるのがおすすめです。

  • 基礎化粧品なら
    小林製薬ヒフミド
    角質層で水分を溜め込む働きを持ち、角質細胞同士をきれいにつなぎ合わせる働きを持つセラミドが3種類も配合された人気のスキンケアシリーズです。ヒト型セラミドなので浸透しやすく低刺激なので、乾燥しすぎて敏感になった肌にもおすすめの化粧品です◎
  • クレンジングなら
    DUOクレンジングバーム
    潤いと洗浄力を兼ね備えた大人気のダブル洗顔不要クレンジングです。
    保湿成分が豊富で、とろけるバームが優しく肌に馴染み、擦らなくても濃いメイクまでししっかりと落としてくれるので、乾燥でし刺激に弱くなった肌にも安心して使えるクレンジングです◎。
  • 基礎化粧品なら
    KOSE米肌
    乾燥肌改善に欠かせないセラミドを生み出すちからを持っている厚労省認可の成分ライスパワーエキスNo11を全アイテムに配合した人気シリーズです。カサつきがきになる肌表面を潤すのはもちろん、肌質も改善できるので肝臓肌でお悩みの方にはおすすめの化粧品です◎