TOPページ > 基礎知識 > 夏に肌荒れしやすい人の原因と予防方法

夏の肌荒れの原因は?

最も紫外線が強い季節、夏。
やはり、夏の肌荒れの一番の原因は紫外線です。わたしたちの肌は、紫外線の刺激を受けると、メラノサイトが反応し、肌を紫外線によるダメージから守るためにメラニンを多量に生成します。メラニンは本来、紫外線から肌を守るガード役を担っていますが、その量が極度に増えすぎたり、肌の新陳代謝であるターンオーバーサイクルが乱れていると、このメラニンが排出されにくくなり、シミとなって残ってしまいます。

紫外線と聞くとシミの原因という印象が強いですが、紫外線は肌の乾燥やシワ、たるみの原因でもあります。シワやたるみは紫外線を浴びてすぐに現れる肌トラブルではありませんが、乾燥は紫外線を浴びると比較的すぐに現れる肌トラブルの一つです。しかし、夏場は汗を多くかくため、乾燥していることに気が付かず、乾燥はさらに進んでしまうことも。
このように肌が乾燥すると、バリア機能が正常に機能しなくなり、紫外線などの外的ダメージから肌を守るために、角質層は厚くなり硬くなる性質を持っています。角質層が厚くなると、肌色はくすみ、感触もごわつくため、化粧ノリが悪くなります。

この場合、日焼け止めや帽子などを使用して紫外線から肌を守ることが一番効果的ですが、完全に紫外線をカットすることはほぼ不可能です。そこで紫外線ケアとして夏に取り入れたいのは、保湿化粧品です。
紫外線ケアとして人気の美白化粧品も、シミを予防するためにも欠かせませんが、肌が乾燥しているとせっかくの美白化粧品も本来のちからを発揮できません。まずは保湿系の化粧品で肌の水分量を増やして乾燥から肌を守ってあげましょう。肌の水分量が増えると、バリア機能も改善されるので、ターンオーバーが正常に戻り、ゴワつきやくすみも改善されます。

紫外線以外にも夏の肌荒れの原因として考えられるのは、冷房です。
暑さを少しでもしのぐため、夏場の室内は冷房がガンガン。しかし、冷房は空気を乾燥させ、肌の乾燥を助長させます。また、冷房が効いた室内と30度を超える屋外の気温差で自律神経が乱れ、冷え性やホルモンバランスの乱れの原因になることも。そんなときは、夏場でもカーディガンなど簡単に羽織れるものを持っておくと便利です。

  • 保湿化粧品なら
    米肌 肌潤シリーズ
    セラミドを作り出し、肌の水分保持機能を改善する厚労省認可の成分ラスパワーエキスNo11配合の人気シリーズです。
    保湿力が高くしっとりとして使用感なのに、浸透力が高いので、ベタつきが気になる夏場でも使いやすいシリーズです。お得な初回トライアルも◎
  • 美白化粧品なら
    ディセンシア サエル
    敏感肌専用ブランド・ディセンシアの美白ケアシリーズです。美白化粧品は刺激が強いものが多い中、こちらは低刺激処方なので、紫外線でダメージをぷけた肌にも安心して使うことができるシリーズです。 もちろん、お得なトライアルセットもあるので試してみる価値ありです♪
  • 紫外線カット化粧品
    米肌 澄肌CCクリーム
    紫外線を徹底カットする業界最高値のSPF50+/PA++++のCCクリーム。
    カバー力が高く、1本で5役の役割を果たすので、あれこれ塗らずに紫外線から肌を守ることができるので、コスパ◎保湿成分も配合されているので乾燥から肌を守ります。