TOPページ > 基礎知識 > 春に肌荒れしやすい人の原因と予防方法

花粉などのアレルギーや、環境の変化が肌荒れを招く?

春の肌荒れの主な原因の一つは、花粉によるアレルギー反応によるものです。
花粉症の人にとって春は、目や鼻などに花粉症特有の非常に不快な症状が強く現れ、日常生活に支障がでてしまうなど非常に苦しい時期。 そして花粉症のアレルギー症状の一種として、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

また、春は、花粉が多く飛び交うだけでなく、冬に引き続き空気も乾燥しがちで、それに加え紫外線がどんどん強くなってくる時期なので肌荒れが四季の中でも肌荒れしやすい時期。乾燥や紫外線だけでも十分肌荒の原因になりますが、そこへ花粉の刺激が加わることで顔が赤く、かゆくなったりします。
そこで、花粉症の自覚のある人は外出先から自宅に戻ったときはすぐに洗顔して皮膚に肌表面に付着した花粉をしっかりと落とすように心がけるようにしましょう。その際使用する洗顔料は女性の場合、ダブル洗顔不要クレンジングがおすすめです。メイクも同時にオフすることができるので、乾燥し、バリア機能の低下した肌の負担を軽減することができます。
もちろん、洗顔後はしっかりと保湿することが大切です。

花粉によるアレルギー症状の他にも、春は入学、卒業、転職など環境の変化が多い時期。環境の変化によって精神的なストレスや不安を感じると、自律神経を刺激して、ホルモンバランスが乱れたり、免疫力が低下したりします。ホルモンバランスが崩れるとニキビなどの肌荒れを起こしやすくなり、また、免疫力が低下すると肌のバリア機能の働きが悪くなって肌に紫外線や花粉などの刺激を与えやすくなってしまい肌荒れの原因になります。
ストレスを感じている、環境の変化で疲れているなど自覚症状がある場合、なるべく多く睡眠時間を撮ったり、シャワーで済ませず湯船に浸かるなど、リラックスする時間を積極的に取るようにするといいでしょう。

また、春は三寒四温といわれるように、寒い日と暖かい日が繰り返され、1日の気温差もあり、体調不良を起こしやすい時期。 そして、この気温の変化に肌の機能が対応しきれずに身体が敏感になって肌荒れが起こることが多くあります。この場合とにかく保湿をするスキンケアが肌荒れ改善に効果的ですが、体を冷やさないように暖かい物を飲む、湯船に浸かるといった工夫も重要です。

  • 基礎化粧品なら
    小林製薬ヒフミド
    ヒフミドは敏感になっ他肌に欠かせないセラミドが3種類も配合された高保湿かつ低刺激なスキンケアシリーズです。
    肌触りも優しいので花粉でダメージを受けた肌にピッタリです。初回限定のお得なトライアルセットも必見◎
  • クレンジングなら
    DUOクレンジングバーム
    潤いと洗浄力を兼ね備えた大人気のダブル洗顔不要クレンジングです。
    保湿成分が豊富でとろけるバームが優しく肌に馴染み、擦らずメイクを落としてくれ花粉でヒリヒリとダメージを受けた肌でも安心して使用できます。
  • サプリメントなら
    カルグルト
    免疫力をたかめ、花粉症などのアレルギー症状を改善する効果がある乳酸菌のサプリメントです。
    とくにこちらは肌荒れ対策に特化した乳酸菌サプリメントなので、アレルギーによる肌荒れに悩んでいる方にはかなろすすめです◎